※突然の心霊話

心霊?中学生の頃一度だけオバケを見た話①
心霊?中学生の頃一度だけオバケを見た話②
心霊?中学生の頃一度だけオバケを見た話③
sin3hoy

からの続きです!

sin4-1
sin4-2

一目散に教室から逃げた私たち。

職員室の先生に懇願して一緒に教室に来てもらいました。
(不審者だったら、という心配もあったのだと思いますが
 ちゃんと付き合ってくれた先生には感謝です…)
探すまでもなく教室内に人が隠れるようなスペースなんてなくて
出入り口は1つ、窓もなし。

駆け抜けた黒い影はそのまま教室後方で消えた?
消えたの???

もう怖くて怖くて怖くて怖くて。

その日は塾から帰ってきて家の玄関で
「お母さん塩持ってきてーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!(涙)」

家に入る前に頭から塩を振ってもらいました。
(普通に料理用の塩)
そして
「超怖いいっぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!(涙)」
と半泣きになりながら手を洗いました。

母は
「お母さんね、幽霊は信じていないんだけど
あなたが『何かを見た』っていうのは信じるよ(・ω・;;)」
(という母の考え方が、第一話の冒頭注意書きの私の気持ちに繋がってます)
と、話を聞いてくれました。



あれは何だったのかな。
あとで聞いてみたけど「黒い服しか着ないよ男子」はその日塾に来ていなかったし。


仮に幽霊的なものだったとして
やっぱりアレはイタズラなのかな。
別に害があった訳でもなく、最初にくすくす覗いてきたのも、教室の後ろに走っていったのも
幽霊オバケ(ドアを覗いていたのは2人っぽい雰囲気だった)同士の
『人間に気づかれないでどこまで行けるか』チャレンジだったとか???



ちょっとわからないんですけど、
(解明するわけじゃないけど)最後、後日談に続きます。



この時の中学の友達(メガネの子♪)には事前に
「この時の話いつかブログに書いていい??」
と一応、許可をいただいてます♪(・ω・,,)
ブログ更新したら
「こ、この話はーーーー!!!!!!」
ってLINEきた(笑)

「私もあの時のこと、今でも時々思い出すよ」
って。
私もだよ。
後にも先にも見たことないよ…。(見なくていい)



*** 
 
ブログランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします!
(画面が切り替われば投票完了です)
  
人気ブログランキング